アゲている 上司のヅラが 飛んでいく・・・

ゴルフ上達マニュアル (スライス&フック編)

これからゴルフを始めようと思っているあなた!100切りの高い壁にぶち当たっているあなた!レベルアップをしてアスリートゴルファーに変化したいあなた!『ダフリ・トップ・スライス・フック・シャンク・テンプラ・バンカー・アプローチの改善やスランプ脱出法を知りたい!』っと思った時、ここは、役立つページとして使うことができます。

当方が実践して飛躍的にスコアを伸ばした基本的方法でもありますが、ゴルフのスイングは、千差万別!もしかしたらあなたには合わない方法かもしれません・・・その時はご容赦下さい・・・でも、そんなに期待は裏切らないと思いますので、気軽に見てみて下さい。

なお紹介しているスイング改善や脱出方法等は、『右利きの方を対象』に記載しております。レフティーの方は、恐れ入りますが、左右を反対にしながらお読み下さい

当サイトが紹介する商品のご購入やご利用は、全てご自身の責任で行って下さい。当サイトの情報により生じた如何なる損害についても、一切保証致しませんのでご了承下さい。

合わせて必ず、こちらの注意事項 < 重 要 >をお読みいただきましてから、お進みいただきますようお願い致します。



重要検索情報
ブラウザーがインターネットエクスプローラ(IE)の場合、お調べになりたいキーワードをPAGE内検索される時は、パソコンキーボードの『Ctrlキー』+『Fキー』を押すことにより、画面上部に検索窓が出現しますので、その検索窓内にキーワードを入れれば、PAGE内検索ができます。また商品をお選びになってからさらに『絞込検索』される場合は、商品ページ左側の検索条件の検索キーワード枠にキーワードを追加して下さい。またご自身の検索条件に合わない場合は、同じく商品ページ左側の検索条件の検索キーワード枠のキーワードを全削除または一部削除してご自身にあったキーワードを入力し直して下さい。


【スライス】手元を変えよう!

ゴルフを始めたての人や昔野球をやっていた人などの殆どがスライスに悩んでいると思います。そしてスライスは、アマチュアゴルファーの大半を占めていると思います。スライスはそれだけ共通の問題であるということです。

その悩んでいる人達の大半は、全くどうして良いのかわからないでいます。見よう見真似で必至にスライスを直そうとするともっと大きくスライスしてしまい、クラブを床に叩きつけている光景を見かけます。

スライスで悩むゴルファーは本当に損をしています・・・まず『@飛距離』。カット回転で弱々しく曲がるボールでは、風にも負けてしまって飛距離が出ません。

そして『Aスコア』。曲がってしまうボールは、思いもよらぬところへ行ってしまいます・・・林・池・OB等!トラブルがあればあるほどスコアが悪くなります!言うまでもありませんね・・・

そして『B楽しさ』。@とAが重なり合い、メチャメチャになってしまっては、楽しさは何処へやら・・・

ドローとフック(引っ掛けは含まず)は、似ていると思います。ただ、フェードとスライスは『似て非なるもの也』です。フェードは力強い球筋ですが、スライスは先ほども言ったとおり、弱々しい球筋で勢いがありません!

なので、ここはスライスからフェードにするのではなく、思い切ってスライスからフックにしましょう!スライサーはフックを打つべきです。まずは、度が過ぎるくらい突き進み、そこから調整してフックからドローに変化させましょう!荒療治に見えるかもしれませんが、スライサーからの脱却はこれが一番です。

スライサーがフックを打ちたい!ドローを打ってみたい!飛距離をのばしたい!・・・といってもフック(ドロー)をどう打って良いか分からない人もいるかと思います。なので、ここから色々とお話していきたいと思います。

まずは、『グリップ』です。何だグリップか・・・と思っているあなた!自分の体とクラブの唯一接点があるのは・・・グリップです。そのグリップをただ漠然と握ってませんか?唯一の接点が乱れてしまっては、アドレスに入る前から既にボタンのかけ違いが始まってしまっているのです。

これは由々しき事態です。グリップを甘く見ちゃいけません。ゴルフスイングにおいて一番重要と言っても過言ではない位重要な分野なのです。

今まで当方が実際に試した中で一番即効性のあったものの1つがグリップ改良です。グリップの怖いところは、ゴルファーの癖などによって意図しないのに勝手に変化してゆくことです。

人は都合の良い動物で、やりやすい方向(慣れている感じ)に向かうとても悪い癖があります。何をやっても上手くいかないという人は、その原因はスイングではなくグリップにあることが多くあります。

良いグリップとしてせっかく意識しても、それを自分が理解した上でのことでないと、時間が経つにつれて自然に昔のグリップに戻ってゆきます。だから癖が治らない。当たり前のことです。

ですから、あなたにとって正しいグリップを知ることは何より上達への近道ということなのです。正しいグリップを探究するはとても楽しく刺激的なことなのです。Because・・・グリップを治すことによって結果がついてくることを当方は知っているからです。

ご存知かと思いますが、グリップには大きく分けると3種類あります。@オーバーラッピンググリップ Aインターロッキンググリップ Bテンフィンガーグリップです。

@オーバーラッピンググリップ
これはもうご存知の通り、右手の小指が左手の人差し指や中指辺りにオーバーラップ(重なる)する形のグリップです。

Aインターロッキンググリップ
右手の小指が左手の人差し指と中指の間にロックされたように握るグリップです。

Bテンフィンガーグリップ
名前の通り、10本の指でグリップし、右手と左手が重なることがないグリップです。

この3つのグリップで一番良いのは何でしょうか?

答えは、どれがその人に一番合っているのか。それが答えです。ということは、どれでもOKということです。クラブの握り方でこれをしなきゃ始まらないというものはありません。ただし、スライスからフックにするために以下のことに気をつけて行ってみて下さい。

スライサーの方の殆どの握り方が、スクウェアもしくはウィークです。この握り方を『ストロング』にします。この判別方法は、クラブを握って見下ろした時、左手のこぶし(手の甲側で指の付け根の出っ張っている部分)が、人差し指の1つしか見えなければ『ウィーク(スライス)』、人差し指・中指・薬指の3つ見えれば『ストロング(フック)』ということです。そして、こぶしが人差し指・中指の2つ程度見える形が『スクエア』と言います。

クラブを握る時は、手の平で握るのではなく、『左手3本指(小指、薬指、中指)』で握ります。まず左手を開いて下さい。パーを作ってください。手の平が上を向くようにします。次にグリップの形をとってみましょう。

ゴルフクラブは指を斜めによぎる形になります。まず小指の部分は付け根と第2関節の間、もしくは第2関節の所にシャフト(グリップ)がくるようにします。そして中指は第二関節の前後にシャフトが来るようにします。その状態で手の平を被せるようにソッと優しく握って見て下さい。

そして親指(左手)はシャフト(グリップ部分)の右側にくるようにします。この親指がシャフトの真上に来ている状態だとスライスが出やすくなりますから、意識して右側にくるようグリップしてください。フックが出た場合は後でいくらでも調整できますので心配ないです。

左手のグリップができたら今度は右手です。右手は左手と『平行』になるようにグリップします。左手の平を意識して右手を合わせると良いでしょう。この平行感覚は大切です。せっかく左手が正しく握れていても右が平行でないと(例:左手にかなり被さっているなど)左手の動きも殺してしまいます。

平行のチェックポイントとしてもう1つあります。それは左手の親指と人差し指とが作るV字線と同じく右手の親指と人差しが作るV字線が平行であることです。左手でできる線は見えるこぶしの数によりますが、右肩と顎の間を指します。右手の親指と人差し指でできるV字は右肩を指すのが良いと思います。

最後に握力ですが、これは賛否両論があります。当方は極限までユルユルに握ってます。スイングの時に何処かへクラブが飛びそうなくらいユルユルです。これは余計な力みを取るために行っています。当方は握力に力を入れると『@上半身の力み』『A手打ち』『Bヘッドが走らない』といった悪いことだらけでした。

力を抜いてスイングした時、腕が遅れてやってきて尚且つ鞭のように撓る時があります。当方はこの時、最高に良い球が出ます!これを経験すると今まで力一杯クラブを握ってブンブン力任せで振っていたことが何だったのか?と思い、現在はクラブが飛ばない程度の最低限の握力にしています。

話が若干反れましたが、これでストロンググリップの完成です。まずは『こぶしの数』、そして『左手3本指』、最後に『右手と左手を平行』これをチェックして練習してみましょう!

売れ筋のゴルフ練習器具

ツアーストライカー
Pro Series
世界中で一番売れているゴルフ練習クラブ『TOUR STRIKER Pro(ツアーストライカー プロ)』

ツアーストライカー
Regular
世界中で一番売れているゴルフ練習クラブ『TOUR STRIKER Regular(ツアーストライカー レギュラー)』

ツアーストライカー
Ladies&Junior
世界中で一番売れているゴルフ練習クラブ『TOUR STRIKER Ladies&Junior(ツアーストライカー レディース&ジュニア)』


ページのトップへ戻る


【スライス】どちらを向いてますか?

グリップ矯正の次は、スタンス(アドレス)です。練習場でもコースでも皆さんはどちらを向いてスイングしてますか?『そりゃースクウェアだよ!』と聞こえてきそうですが、体の何処を基準にアドレスをとって、スクウェアと定義してますか?

普通に考えると『つま先』ですかね・・・しかし、この回答だと33点しかあげられません!もちろん100点満点で!ちゃんとした回答は、『つま先・腰・肩』の3点がターゲットに向かって平行にならなければ、スクウェアとは呼びません。

普通スタンスをとる時、つま先しか気を付けていない方が大多数です。そしてスライサーは、つま先だけスクウェアで、腰と肩が左方向を向いている『オープン』な状態が殆どです。特に右肩が前に出ている状態(被っている)で、この構えだと体が回りにくく、バックスイングが浅くなり、手打ちになってしまいます。

いわゆる、『アウトサイド・イン(カット軌道)』になり、スライスしてしまいます。この状態から脱却しようともっと左を向いてしまい、どんどんスライスが悪化するのをよく見かけます。一般的にゴルファーは自分の苦手な部分を補うためにスタンスをとってしまう癖があります。

スライスはボールが右に曲がってしまう弱い球ですが、いつも右に曲がるとつい左を向きたくなります。さらに右を向いたらOBが待っているのでわざわざ進んで右を向きません。人間心理なので仕方ありませんが、よくゴルフは『逆を行え!』とも言われます。

まずはスタンスをターゲットより少し右方向に向けましょう!これは『クローズ』スタンスと呼ばれるもので、フックを打つ時の基本スタンスです。このスタンスを作るとき、上体(特に右手)を最初にセットしてしまうと目標に対し半身の体勢になり、右肩が出やすくなるので注意しましょう!

順番は、つま先 ⇒ 腰 ⇒ 肩のラインを決めて、最後に手でクラブフェイスを合わせるとシックリきます。一度スタンスをとってみたらチェックしてみましょう!チェック方法はとても簡単です。

アドレスをとったら体を動かさないようにしてクラブを両肩、両膝、両足のラインにそれぞれ当ててみます。そのシャフトが指すラインがターゲットに対してどちらを向いているかどうかをチェックします。出来れば誰かに後ろからシャフトなどを当ててもらうと良いと思います。

スライサーは怖がらず、まず右向きスタンスにチャレンジしてみよう!このスタンスで、フックが強くなってきたら向きをスクウェアにして再度チャレンジ!

売れ筋のゴルフ練習器具

ツアーストライカー
Wedge
世界中で一番売れているゴルフ練習クラブ『TOUR STRIKER Wedge(ツアーストライカー ウェッジ)』

モメンタス
Indoor Driver
室内でのトレーニングギア『Momentus Indoor Driver(モメンタス インドア ドライバー)』

モメンタス
Swing Trainers
室内でのトレーニングギア『Momentus Swing Trainers(モメンタス スイング トレーナー)』


ページのトップへ戻る


【スライス】手は左ももにセット

ハンドファーストってゴルフ用語を知ってますか?ハンドファーストにした方が良いとアドバイスを受けたことはありませんか?残念ながら、殆どアマチュアゴルファーは間違ったハンドファーストを実践しているようです。何が間違っているのか?そもそもハンドファーストとは?

まず、ハンドファーストとは、その名の通りグリップの位置が前より(左足より)になってアドレスが取れている状態をいいます。もっと分かりやすく言えば、左の太ももの辺りにグリップが来ていると言った方が分かりやすいかもしれませんね。ハンドファーストにするとどうなるか?

まず、ハンドファーストにすることでボールを捕らえやすくなります。そして振り遅れを抑えることができ、スライスを矯正する効果もあります。その他にも色々ありますが・・・もし、あなたが力のないスライスを打っているとすればハンドファーストになっているかを確かめてみる価値はあります。また、今いち捕まりが悪いなぁと悩んでいる方も同じです。

アマチュアのゴルファーは、ハンドファーストにしようとして単にグリップの位置をボールより前に出します。これでハンドファーストの完成でしょうか?いいえ、違います。この方法ですと、振り遅れが起きてしまいます。

これはグリップは変えずに位置だけを変えることで、インパクトになると余計にクラブフェースが開くからです。本来ならば、ハンドファーストへ自然となるようにグリップしなければ、いくら意識してハンドファーストにしても問題の根本は直らないでしょう。

では、正しいハンドファーストはどのようにしたら良いのでしょうか?正しいハンドファーストを身に付けるには、

クラブを握らずに左手が左の太ももの前にくるようにします。そうしたらその状態で左手のみグリップします。
       ↓
左手のこぶしが3つ見えるようにします。後で調整しても構いません。
       ↓
グリップの位置がクラブヘッドよりもターゲット寄りに位置していることを確認します。最初は極端にやりましょう。クラブヘッドはスタンスの真ん中にセットして、グリップは左の太ももの前にします。シャフトがターゲットに向かって寝ている感じです。
       ↓
この状態で左手のこぶしが3つ見えるグリップが出来ていることを確認します。そして最後に右手を添えますが、この時に右肩が被らないようにすることを忘れずに行いましょう。

今回は極端にご説明しました。勿論、自分なりの調整は必要です。何かを変えたいと思っている時は大袈裟にやってみる、極端に変えてみることで今までとまるで違った効果が出てきて見えやすく・分かりやすくなります。

売れ筋のゴルフ練習器具

モメンタス
Strength Trainers
アスリート向けのトレーニングギア『Momentus Strength Trainers(モメンタス ストレングス トレーナー)』

モメンタス
POWER HITTER D
ドラコンチャンプも認める飛距離アップアイテム『Momentus POWER HITTER Driver(モメンタス パワーヒッター ドライバー)』

モメンタス
POWER HITTER I
アイアンテクニックの向上アイテム『Momentus POWER HITTER Iron(モメンタス パワーヒッター アイアン)』

 

ページのトップへ戻る


【スライス】アウトサイド・イン

よくスライスする人は、『アウトサイド・イン(カット軌道)』になっているといいますが、アウトサイド・インって何?と思う人もいると思います。これはスイング軌道のことで、バックスイングでクラブが外側(アウト)に膨らみ、ダウンスイングの時に外側に膨らんだクラブが内側(イン)に入っていくことです。

このスイングの逆が、『インサイド・アウト』と呼ばれ、バックスイングでクラブが内側(イン)に引かれ、ダウンスイングの時には外側(アウト)に行くことです。

アウトサイド・インの軌道になると、インパクト時にボールを擦るような形となり、サイドスピンが増幅され右に曲がります。アウトサイドイン、つまりカットスイングを続けていて、『インサイドから振ってみて!』と言われても、中々出来ないゴルファーもいます。

どうやってインサイドから振ればよいのかわからないのです。そんな時は目印を作ってスイングをすることをお勧めします。上記画像のボールの赤い部分を頭の中でイメージして下さい。赤印のもっと左側でも構いません。右利きの方の場合、そのボールの赤い部分(もっと左)のエリアを狙って打ってみて下さい。実際にショットを打ってみます。

ボールの赤い部分を狙って打つわけですから、ボールはターゲットよりもやや右へ最初は飛び出す形になります。これが正解です!もし、アウトサイドからクラブを振り下ろしていたとすれば、ボールの内側ではなく外側に当たってしまい、ボールはターゲットの左に飛び出すでしょう。これが『引っ掛け』です。このアウトサイドから振り下ろすスイングが癖になると『シャンク』に繋がることもあります。

中々、インサイド・アウトの軌道にならない方は、イメージとしてバックスイングの初動で右肘を引く(たたむ)とスムーズにクラブをインに引けます。そしてダウンスイングの時、右肘がなるべく右脇腹に当たるくらい(擦っても可)に行うと良いと思いますので、試してみて下さい!

売れ筋のゴルフ練習器具

スイング改造ギア
SWINGYDE
スイング改造ギアのSWINGYDE(スイングガイド)

TAC・TIC
Swing Trainers
自分のスイングの短所が直ぐ分かる!TAC・TIC wing Trainers(TAC・TIC スイングトレーナー)

TEMPO MASTER
Swing Trainers
正しいクラブの動きはフニャフニャが教えてくれます!TEMPO MASTER(テンポマスター)


ページのトップへ戻る


【スライス】その他に気をつける点

スライスにも色々な原因と対策がありますが、その代表格を今まで説明してきました。その他にも例えば・・・

--- クラブの右上にティー刺したり、ボールを置く ---

これは、ボールにフェイスを合わしたクラブの右上にティー刺したり、ボールを置くもので、その目印にヘッドが当たらないようテークバックを行うとクラブはアウトサイドに上がらず、ダウンスイングでもその目印に当たらないように振ればインサイドアウトの軌道になります。

--- グリップエンドと胸の間隔を保持する ---

スライサーは、グリップエンドと胸の感覚がバックスイング時に狭くなります。これは、体の回転が止まり、手でクラブを上げている証拠。手で上げたクラブは、ダウンスイングの時も手を使うので『手打ち』になります。グリップエンドと胸の間隔をなるべく保持してバックスイングするように注意しましょう。

--- インパクトで左膝が伸ばさない ---

ダウンスイングの途中で意識的に左膝を伸ばしてクラブを振ると分かりますが、インサイドから振りぬくことが困難です。もし無理にインサイドから振りぬこうと思ったらフェースが開き、プッシュアウトやスライスになります。インパクト時の左膝の伸びにご注意を・・・

--- インパクト時に頭を上げない ---

よく『ボール(地面)から目を離すな!』とか言われませんか?これは、インパクト時に目線をターゲットの方に向いてしまうと自動的に頭が上がります。こうなると同時に体も開いてしまいますので、フェースも開きます。

なので、頭は上げない方が良いのです・・・が、あまりボールを強く凝視することはお勧めしません。それだけで、体に余計な力みが発生します。頭は残しながら、視界はボンヤリしているくらいがちょうど良いと思います。

--- ボールをトゥ側に置いて構える ---

これは、ボールの出だしが真っ直ぐなのに100Yくらいから急に弱々しく右に曲がる人に試してもらいたいことです。体とボールの距離が近くありませんか?体とボールの距離が近いとクラブのヒールにボールが当たり、スライス回転が増幅します。クラブのトゥ側にボールをセットして見ましょう

--- 左手の甲は正面を向く ---

バックスイング中に左手のゴルフグローブロゴを利用します。シャフトが地面と平行なところまでバックスイングしてみて下さい。その時の左手の甲の向きを見て下さい。左手のゴルフグローブのロゴが、

@正面を向いていた方
特に問題ありません

A地面の方を向いていた方
クラブフェースがクローズで、引っ掛けやフックなどが出やすくなります

B上を向いていた方は
クラブフェースがオープンで、プッシュアウトやスライスが出やすくなります。

これはあくまでも基準であり、グリップによって多少違いがでてきますが、ロゴマークの位置と自分の打つ球筋を比較して見ると良いと思います

他にもスライス対策は色々あるとは思いますが、とりあえずはこの辺で!

売れ筋のゴルフ練習器具

横峯さくら公認
飛ばし屋養成ギブス
横峰さくらのパワフルショットがあなたのものに!飛ばし屋養成ギブス

内藤雄二プロ推奨
リズムドクター
【内藤雄二プロ推奨】クイックマスター リズムドクター

江連忠 直伝!
イーチューブ
【雑誌で話題の練習器具】LITE(ライト) 江連忠のイーチューブ


ページのトップへ戻る


【フック】偽者フック注意報!

スライスを克服して次にぶち当たる壁が、『フック(チーピン)』です。中〜上級者やパワーヒッターがフックに悩まされます。基本的にはスライスの時と逆になるのですが、ただ単純にスライスの逆をすれば良いものと根本的に内容が違ってくるものもあります。

ただし、フックの矯正はエセフック・・・いわゆる『偽者フック』じゃないことが条件です!偽者フックとは?・・・スライスのところで話したアウトサイド・インの引っ掛けです。フックと間違えそうですが、これはただインパクトの時にクラブフェースが閉じているため、左に行っているだけで、フェースが開いていればスライスです。

グリップ(ストロング)、スタンス(クローズ)、スイング軌道(インサイド・イン、インサイド・アウト)がちゃんと出来ているかを確認しましょう!偽者フックの方がフック矯正などをしたら大変なことになりますので、今一度ご確認下さい!それでは、フックの改善方法です。

--- グリップ ---

スライス改善では、左手のこぶしを3つ見えるような『ストロンググリップ』にしましたが、フック改善の場合は、こぶし2つ見える『スクウェアグリップ』にします。それでもフックが治まらない場合は、こぶし1つの『ウィークグリップ』にします。ウィークグリップの場合、右手が被さる様な形になるかと思います。余りにもウィークグリップにしすぎるとスライスになりますので、ご注意下さい。

--- 左脇を締める ---

あなたの右手が暴れてませんか?これは右手の返しが強すぎてフックが出る方も多いです。その時はだいたい、左脇が甘くなってます。右手の返しを防ぐよりも左脇を意識することがコツです。ダウンスイング以降、左脇を締めることで右手の返しを弱くすることができます。余り左脇に力を入れすぎて上半身がガチガチにならないよう注意しましょう。

--- 三角形を崩さない ---

アドレスをとった時にできる肩と腕の三角形。この三角形をキープしながらスイングするのも効果的です。この時のコツは、グリップ圧力を弱めにして両手を均等にし、一体感を出すようにするとバランスが整ってGOOD!

--- スタンス幅は肩幅で ---

飛距離を出そうとどうしてもスタンス幅が大きくなりがち。特にドライバーは・・・。ただこうすると体と腕の一体感が薄れ、手首をこねてチーピンが出やすくなります。スタンス幅を肩幅くらいにとると体主体でスイングすることになるので、体と腕が一緒にスムーズに回ります。そうなると手首のこねる動作もなくなります。

--- ボールをヒール側に置いて構える ---

これは、【スライス】その他に気をつける点でお知らせした『ボールをトゥ側に置いて構える』の反対です。スライス同様、ボールの出だしが真っ直ぐなのに100Yくらいから急に左に曲がる人に試してもらいたいことです。

初心者の陥りやすいスライスとは違い、本物フックは中上級者がなり易いので、上記のように簡単に纏めてみました。どれがあなたに合ったフック改善方法かは、ご自身が練習場で試してみて下さい。



ページのトップへ戻る


人気のクラブとファッションをチェック!これでゴルコンもOK!
★ゴルフクラブやボール、アパレル関係の売れ筋ランキング★


日本最大級のゴルフ予約サイトGORAで、爆安プランを探せ!
★日本最大級のゴルフ予約サイトGORAで、爆安プランを探せ!★