アゲている 上司のヅラが 飛んでいく・・・

ゴルフ上達マニュアル (ダフリ&トップ編)

これからゴルフを始めようと思っているあなた!100切りの高い壁にぶち当たっているあなた!レベルアップをしてアスリートゴルファーに変化したいあなた!『ダフリ・トップ・スライス・フック・シャンク・テンプラ・バンカー・アプローチの改善やスランプ脱出法を知りたい!』っと思った時、ここは、役立つページとして使うことができます。

当方が実践して飛躍的にスコアを伸ばした基本的方法でもありますが、ゴルフのスイングは、千差万別!もしかしたらあなたには合わない方法かもしれません・・・その時はご容赦下さい・・・でも、そんなに期待は裏切らないと思いますので、気軽に見てみて下さい。

なお紹介しているスイング改善や脱出方法等は、『右利きの方を対象』に記載しております。レフティーの方は、恐れ入りますが、左右を反対にしながらお読み下さい

当サイトが紹介する商品のご購入やご利用は、全てご自身の責任で行って下さい。当サイトの情報により生じた如何なる損害についても、一切保証致しませんのでご了承下さい。

合わせて必ず、こちらの注意事項 < 重 要 >をお読みいただきましてから、お進みいただきますようお願い致します。



重要検索情報
ブラウザーがインターネットエクスプローラ(IE)の場合、お調べになりたいキーワードをPAGE内検索される時は、パソコンキーボードの『Ctrlキー』+『Fキー』を押すことにより、画面上部に検索窓が出現しますので、その検索窓内にキーワードを入れれば、PAGE内検索ができます。また商品をお選びになってからさらに『絞込検索』される場合は、商品ページ左側の検索条件の検索キーワード枠にキーワードを追加して下さい。またご自身の検索条件に合わない場合は、同じく商品ページ左側の検索条件の検索キーワード枠のキーワードを全削除または一部削除してご自身にあったキーワードを入力し直して下さい。


【ダフリ】どの原因に当てはまる?

あちゃ〜やっちゃった〜っと思うのが『ダフリ』です。地球と喧嘩してもちろん負け・・・ボールの飛距離2ヤード・・・本当に精神的にガックリします。このダフリの原因はどういったものがあるのでしょうか?

--- 体の軸が 右に傾けし過ぎている ---

右利きの場合、クラブを持つとき、右手が下になります。そうすると体の軸は自然に右に傾けています。アドレスまたはダウンスイング中、必要以上に右傾ているとダフリます。ボールを上げようとして左肩がダウンスイング時に上がり、その反動で右肩が下がる。よく言われるダフリの典型です。

--- ボールの位置が左過ぎる ---

使用クラブによってボールの位置は変わりますが、そのボール位置が正しい位置よりも左側にボールがあるとダフリます。

--- スイング中に体が上下動する ---

バックスイングからインパクトまで、上体の前傾角度を一定に保たなければなりませんが、スイング中に上体が上下動をするとダフリます。体が疲れてくるとなりやすいです。

--- 下半身が動かずに上半身でスイング ---

ダウンスイングではウェイト(重心)を右足⇒左足へと移しますが、その重心移動が全然行われなかったり、中途半端だったり、遅れたりするとダフリます。

--- タメ(コック)が早く解ける ---

ダウンスイング時に手のタメ(コック)が早く解けて左手首が伸びてしまうとヘッドが早く落ちてダフリます。

--- インパクト時に緩む ---

ゴルフでは、スイング始動からトップに持っていくスピードを1とした場合、トップからインパクト時までのスピードは1以上でなければなりません。インパクトの瞬間、手で小細工したりスイングに不安が入っていると一瞬スイングにブレーキがかかり、スピードが落ちます。そうなると軌道が不安定になり、ダフリます。

皆さんはどのタイプに分類されますか?単独型ですか?それとも複合型ですか?何はともあれ、ダフリの対処方法をこれからお話していきます。

人気のゴルフ練習器具

室内外共用練習機
ティーチングプロ
室内用のスイング練習器ティーチングプロ2

谷将貴コーチ考案
パーフェクトターン
谷将貴コーチ考案 シンプルマスター パーフェクトターン

内藤雄二推奨
インパクトスティック
内藤雄土プロコーチ推奨【新商品】IMPACTSTICK LIGHT インパクトスティック ライト


ページのトップへ戻る


【ダフリ】練習はマットの右端で!

これからダフリの矯正方法を紹介していきます。

--- 体の軸が 右に傾けし過ぎている ---

まず、ダウンスイングをしながら首を右に傾けるとダフります。高弾道を打とうとしたり、飛球線を追いたくなる気持ちは分かりますが、まずは首は傾けない!そして左肩を低く使う気持ちで、ダウンスイングします。トップでしっかり回った左肩がダウンスイングでは、アドレスの位置より低くなり、インパクトでは左肩がアドレスの位置に戻るように!

--- ボールの位置が左過ぎる ---

クラブによりボールの位置が変わります。これはクラブによってクラブがボールを捕らえる位置が違うからです。スイング軌道は、トップ⇒ダウンスイング⇒インパクト⇒フォロースイングとなりますが、この軌道は一番地面に近づいた最下点(ボトム)に達した後、 再び上昇します。

ドライバーショットの場合、ボールを左かかと前に置き、ティーアップして、軌道の最下点(ボトム)超えた上昇過程でインパクトします。これを『アッパーブロー』と言います。

フェアウェイウッドやユーティリティー、ロング(ミドル)アイアンの場合、ボールを中央〜左胸の前に置き、最下点(ボトム)でインパクトします。これを『レベルブロー』と言います。

ショートアイアンの場合、ボールをスタンスの中央〜右胸寄りに置いて、軌道の下降過程、最下点(ボトム)前でインパクトします。これを⇒『ダウンブロー』と言います。

クラブが短くなるにつれて、ボールの位置は右へ、右足位置は左へ移動します。

--- スイング中に体が上下動する ---

アドレス時の前傾姿勢は、バックスイング⇒トップ⇒ダウンスイング⇒インパクトまで、股関節を入れた正しい前傾角度(腰椎の前傾)が保たれていなければなりません。バックスイングで伸び上がり、その反動からダウンスイングで沈みすぎるとダフります。

また バックスイングで左肩を下げすぎるとその反動からダウンスイングで右肩が落ちてダフりになるケースもよくみられます。コツは、前傾姿勢の下腹部と力を入れます。お尻は上に突き出す形にすると自動的に腰にも緊張感を持たすことが出来ます。けして猫背にならないようにすることです。

--- 下半身が動かずに上半身でスイング ---

上半身だけでスイングするとダウンスイング時に右肩が出てしまい、フェースか被さったり、ヘッドが上から入り過ぎたりします。右肩が出てくると言うことはスイング軌道がカットになります。いわゆる『アウトサイド・イン』です。そうです!諸悪の根源アウトサイド・インです。

アウトサイド・インの軌道は、基本的に鋭角にクラブがボールに向けて降りてきます。なので、ゴルファーの正面から見るとヘッドはダウンスイングからフォローにかけてVの字を描きます。カットスイングでは、インパクトゾーンが非常に狭くなってしまいます。インパクトゾーンが圧倒的に狭いということは、当然ミスヒットも生まれやすくなります。

なので、下半身リードによるインサイド・インもしくは、インサイド・アウトのスイングを心がけます。インサイド・アウトのスイング軌道は、コチラを参考にして下さい。

--- タメ(コック)が早く解ける ---

ダウンスイングで早めに左肩を引き上げると、重心は右足に残ってしまいます。そうなるとタメ(コック)が早く解けて飛距離も出なくなります。体の軸の傾きで紹介した左肩を低く使う気持ちで、ダウンスイングします。そうすると重心が左足に移動し、コックが早く解けず『タメのある』ダウンスイングが実現します。

--- インパクト時に緩む ---

これは人間心理として止む得ないものです。この心理を吹き飛ばすために躊躇なくクラブを振りぬきましょう!ダウンスイングした時点で既に球筋は決まっていて何をしても無駄という『諦めが肝心』です!この何が何でも振り向くという気持ちにでスイングしてみて下さい。

練習場のマットはダフっても、とにかくボールは飛んで行きます。マットの上だと、どれだけクリーンにボールに当たっているかが分かり難いものです。そんな時は、マットの一番右端(右利きの場合)にボールを置いて打って下さい。ダフれば地面(ゴム等)に当たりてしまいますから直ぐに分かります。

人気のゴルフ練習器具

石川遼プロも使っている
ドライバッド
石川遼プロも使っている!ゴルフがめきめき上達する練習バッド「ドライバッド」

内藤雄士プロデュース
パーフェクアングル
内藤雄士プロデュース練習器具! パーフェクアングル

AngularMotion
素振りギア
ボールを打たずに上手くなれる素振りギア AngularMotion(アンギュラーモーション)


ページのトップへ戻る


【トップ】表裏一体?

ボコンという音と地を這うような弾道『トップ』。グリーン周りのアプローチでトップが出るとOB、バンカーの餌食、グリーンを往復ビンタのように行ったり来たりとショートゲームでは致命傷になるトップ。このトップの原因はどういったものがあるのでしょうか?

まず、トップには2種類あります。

@アッパートップ
クラブヘッドが最下点を過ぎて、上昇中に球の頭頂部に当たる現象。

Aダウントップ
クラブヘッドが最下点に達する前の下降中に球の頭頂部に当たる現象。

いずれも現象として球筋は低く、酷い場合はボテボテのゴロになります。

アッパートップの原因は、ほぼ『ダフリ』と一緒(体の軸が右に傾き過ぎ、ボールの位置が左過ぎ、体の上下動、上半身でのスイング、タメが早く解ける、緩むインパクト)で、まさにダフリとアッパートップは表裏一体です。あと、追加する原因として『右手のパームグリップ』『インパクトで左肘が曲がる』、体の伸び上がりがあります。

パームグリップとは、クラブシャフトを手の平で握ることです。右手をクラブシャフトの下から手の平で鷲掴みするパームグリップの方は、インパクトゾーンがアッパーブローになりやすいのです。ティーアップした球は打てても、地上にある球はアッパートップしやすくなります

インパクトで左肘が曲がるのは、体ではなく腕だけでスイングしているからです。腕力に頼ってクラブヘッドをボールに叩きつけようとすると肘が曲がって両腕の形は五角形になり、『ホームベースインパクト』といわれる典型的な悪形になってしまいます。肘が曲がるために回転半径が短くなってアッパートップ します。

体の伸び上がりとは、想像できるかと思いますが、ダウンスイング以降、左足に力が入り突っ張ってしまって体全体が伸び上がってしまため、ボールの頭を叩いてしまいます。

ダウントップの原因は、球を置く位置が右過ぎたりまたは遠過ぎたり、インパクトで体が左へ流れる(スウェー)しまっています。

殆ど方のトップはアッパートップになるかと思いますが、皆さんはどのタイプに分類されますか?次は、トップの対処方法をこれからお話していきます。

人気のゴルフ練習器具

シングルへの道
養成ギブス4点セット
シングルプレイヤー養成ギブス シングルへの道 4点セット

ツアーストライカー
Pro Series
世界中で一番売れているゴルフ練習クラブ『TOUR STRIKER Pro(ツアーストライカー プロ)』

ツアーストライカー
Regular
世界中で一番売れているゴルフ練習クラブ『TOUR STRIKER Regular(ツアーストライカー レギュラー)』

 

ページのトップへ戻る


【トップ】アッパー&ダウントップ

これからトップの矯正方法を紹介していきます。

--- アッパートップ ---

前章でお話しましたが、この原因はほぼ『ダフリ』と一緒(体の軸が右に傾き過ぎ、ボールの位置が左過ぎ、体の上下動、上半身でのスイング、タメが早く解ける、緩むインパクト)ですので、【ダフリ】矯正しましょ!のコチラを参考にして下さい。

右の手の平が上を向くパームグリップでは、ティーアップされたドライバーショットは打てても地面にボールがあるショットを打つことは難しいですから、右手グリッピングは常に指で握る『フィンガーグリップ』にします。

フィンガーグリップとは、その名の通り、シャフトを指だけで握ることです。手の平は包み込むように添えるだけのような感じになります。手の中に空間が生まれて心許ない感じはありますが、この方が右手を上手い具合に殺せますので、力みも減ると思います。

インパクトで左肘が曲がりを治すために、インパクトゾーンではクラブヘッドを遠心力に任せて遠くへ放り出すようにすると両腕が自然に伸びて両腕と肩を結ぶ細長い三角形を作ってくれます。腕に力を入れず、遠心力の成すがままでスイングしましょう!

体の伸び上がりを防ぐのにキーとなるのが、左足です。この左足の膝の柔らかさをフォロースイングまでキープします。ボールを『叩く・上げる』という無用な意識は捨てて、横から払うようなイメージで打つと左膝の角度がキープしやすくなります。

--- ダウントップ ---

ダフリのところで紹介した『ボールの位置が左過ぎ』の反対で、ボールが右過ぎのために起こるので、ボールを適正位置に置いてスイングしましょう。ボールの適正位置は、【ダフリ】矯正しましょ!のコチラを参考にして下さい。

インパクト時に体が左に流れる(スウェー)ことは、ボールの位置が右過ぎる状況を作ってしまっていますし、軸がぶれていることになるのでダウントップだけではなく球筋が不安定になりやすいです。ゴルフには『Behind the Ball(ビハインド ザ ボール)』という言葉があります。

インパクト時に、ボールの位置よりも頭が後ろ(飛球線の逆)にあるBehind the Ball(ビハインド ザ ボール)が、非常に重要なスイング要素となります。Behind the Ball(ビハインド ザ ボール)だとボールにちゃんと力を伝えることが出来るため、飛距離UPにおいても大切です。

Behind the Ball(ビハインド ザ ボール)を取得するために、出来れば補助者がいると良いです。補助者が練習者の正面から頭に軽く手を当ててもらい、スイング時に頭が補助者の手から外れないようにしたり、補助者が棒のようなものを練習者の左側頭部に添えながらスイングしてみるのが効果的かと思います。

人気のゴルフ練習器具



ページのトップへ戻る


人気のクラブとファッションをチェック!これでゴルコンもOK!
★ゴルフクラブやボール、アパレル関係の売れ筋ランキング★


日本最大級のゴルフ予約サイトGORAで、爆安プランを探せ!
★日本最大級のゴルフ予約サイトGORAで、爆安プランを探せ!★